HOME » 会社案内 » 沿革

  • 会社の出来事
  • 製品
1945
(昭和20年)
  • ◆ 7月27日 宮副武次氏により創業。他社のマネをしない独自の製品、皮フ医学に基づく科学的な化粧品、そして新しい美顔法の開発という三大目標を掲げてスタート。
  • ● 7月 大阪大学 故 栢森研究室の指導のもとに、特許製法の粉おしろい<金の小函><銀の小函>を発売。一躍業界の話題をさらう。「粉おしろいの727」の基盤を確立。
1952
(昭和27年)
  • ◆ 第1回地区大会(現・オーナーセミナー)開催。
金の小函と銀の小函
<金の小函><銀の小函>
1957
(昭和32年)
  • ◆ 12月3日 <エール・クラス>が大阪府「産業とデザイン展」で毎日新聞社賞と大阪市長賞を受賞。
  • ● 12月 画期的な機能、デザインで多くのファンを作ったスキンケアシリーズ<エール・クラス>発売。
1958
(昭和33年)
  • ● 3月 総合美顔器<ビューティ・アパラートL型>を完成、美容室専門のフェイシャル・エステの地歩を築く。後に<ビューティ・アパラートP型、S型>も完成。
ビューティ・アパラートL型
ビューティ・アパラートL型
1961
(昭和36年)
  • ◆ 7月27日 製造部門、株式会社セブン化学を大阪府柏原市に設立。
1965
(昭和40年)
  • ● 9月 メークとスキンケア総合ブランド<セベール・クラス>発売。
セベール・クラスと アペレット
セベール・クラスとアペレット
1966
(昭和41年)
  • ● 10月 家庭で気軽にエステティックなお手入れを実現した<アペレット>発売。特許1件・実用新案4件。
1967
(昭和42年)
  • ◆ 1月27日 よりよいフェイスのお手入れ空間として、美容室でのフェイスケアを目指し美容業界へ参入。同時に教育センターを新設。美容室のフェイス専門教育の場として、評価を高める。
1968
(昭和43年)
  • ● 9月 進化改良した<ビューティ・アペレットR型>発売。
1969
(昭和44年)
  • ● 3月 業務用として進化しつづけるアパラートから<ビューティ・アパラートD型>発売。