727 看板物語727 看板物語

新幹線から見えるアノ看板の秘密。

アノ727看板の正体。

実はウチの看板です セブンツーセブン化粧品宮副 社長

“727”の意味するもの

キャッチコピー不要、デザインの狙いキャッチコピー不要、デザインの狙い

新幹線の車窓から風景を眺めていると、やたらと目にする“727”の看板。実はこの看板は大阪に本社を置く、化粧品メーカー「セブンツーセブン化粧品」の広告看板です。

新幹線から見える時間というのはほんの一瞬です。2~3秒といったところでしょうか。その間に多くを伝えることはできません。それなら、「727(セブンツーセブン)というインパクトのある会社名を知ってもらおう」ということでシンプルなデザインにしました。すると、「あの看板の数字はなんだ?」という興味から、皆さんに少しずつ知っていただけるようになりました。


“野立て看板”のこだわり

テレビやラジオCMではなく“野立て看板”テレビやラジオCMではなく“野立て看板”

広告メディアと言えばテレビやラジオCM。しかし727ではこの“野立て看板”にこだわりを持って設置しています。

他社と同じことをしても数ある広告の中に埋もれてしまいます。独自性を出すにはどうしたら良いのか検討に検討を重ね、野立て看板を採用しました。美容業界の化粧品メーカーとして、マスの広告に費用を投入するのではなく、製品開発や品質保証を最優先事項ととらえ今日に至ります。


“○分に一度”出現タイミング

○分に一度 姿を現す“727”

現在は、「5~7分間隔で1本見えるぐらい」を目安に設置しています。

また、基本的に街中ではなく郊外などの目立つ場所に多く設置しています。これは、もともと新幹線が駅周辺以外では郊外を走る路線であることと、街中では看板が目立ちにくいことが理由です。